読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はな日記

36歳で不妊治療スタート。体験談をつらつらと書いていきます

治療2週期目 初めての移植!

昨日、受精卵の成長具合について先生からお話を伺いに病院へ言ってきました。

土曜日の受精報告では1つと言われていましたが、現在2つの受精卵の培養を続行しているとのことでした。

 

残りの卵子は異常受精をしていたそうです。先生にお話によると、卵子の質があまり良くないために、低い受精率になってしまった可能性があるとのこと。

私の年齢であれば7個採卵できたとすれば、5個くらいは正常に受精をしていてもおかしくないそうです。

子供の頃に盲腸の手術をしたことで、お腹の中で癒着が起こり、卵管や卵巣が巻き込まれていたのですが、それが原因なのかもしれないとおっしゃっていました。

 

卵管水腫さえ取り除けばスムースに妊娠できると思っていたのに、卵巣機能の低下、卵子の質が悪い・・・と次々に出てくる問題にショックを隠せませんでした。

中々うまくいかないものです・・・

 

先生との話し合いの結果、まずは育っている新鮮胚を移植して、万が一ダメだった場合は顕微鏡受精をしていくことに。移植しない受精卵は胚盤胞まで成長したら凍結して保存をすることに。こちらもしっかりと大きくなってくれるよう願わずにはいられません。

 

診察の後、早速受精卵を移植していただきました。

 

手術室へ移動して移植が完了するまであっという間で、痛みも全くありませんでした。

移植する受精卵を培養シャーレからカテーテルに吸い取るところから、子宮へ移植するまで、全てモニターで見せてもらいながらの移植でした。

嬉しいことに雌雄内膜は1.3mmちょっと間で厚くなっていて、先生からも

「子宮の内膜は良い感じですよ」

とおっしゃってくださったので一安心。希望が見えてきた気がしました☆

 

帰りに温熱シートなどを購入してお腹にペタリと貼ってみました。少しでも暖かくして、卵ちゃんを育ててあげなくちゃ!

 

どうか、どうか無事に育ってくれますように。

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

治療2周期目 初めての採卵

金曜日に無事に採卵をしてきましたので、ご報告したいと思います。

 

初めての採卵ということもあり前日の夜から不安で寝付けず、寝たり起きたりの繰り返しで朝がやってきました。

 

受付で手続きを済ませ、付き添ってくれているだんなさんとは、ここでいったんお別れして看護師さんの案内で手術室の隣にあるリカバリールームへ。

私が通っている病院は最近移転したばかりなのでとてもきれいな場所でした。血圧測定と血液検査、点滴をすませ、あとは採卵を待つのみ。

 

採卵の順番は当日決まるとのことで、いつ呼ばれるのか分かりません。いつくるのだろう?とドキドキしながらまっているとついに私の順番が・・・

 

診察台まで歩いていくと担当の培養士さんから挨拶していただき、先生も登場。いよいよです。

私は全身麻酔をお願いしていましたので、点滴から麻酔薬を注入され、深呼吸を数回繰り返してる内にあっという間に眠りに落ちていました。

 

そして手術も無事終わり、なんと卵子が7個も取れたと看護師さんに教えていただき、びっくり!前回の診察では、見えていた卵胞は6個だったので嬉しくて胸がいっぱいになり、みなさんにありがとう!と言って回りたい気分でした♪

早くだんなさんに伝えたい!と思いながらベッドに戻り寝ていると、下腹部に重い生理通のような痛みが。看護師さんに相談すると、痛み止めを処置してくださりしばらくすると痛みも和らいできました。

 

その後、先生からもお話があり、7個取れたこと、卵管切除手術の跡にできた癒着に溜まっておる水も抜いてくださったこと、精子の室には全く問題は無く通常の体外受精で進めていくことなどを説明していただき、帰宅しました。

やはり疲れていたのか帰ってからはぐっすりと寝込んでしまいました。

 

その日の夜には看護師さんから体調の確認のために電話も入り、手厚いフォローに感謝しつつ眠りにつきました。

 

そして今朝、受精確認の電話がかかってきました。

結果は受精卵になっているものは1つ。その他の卵も受精はしているが分裂がうまく進んでいないなどの問題が起こっているそうで、培養は続けるけれど確実に受精卵になるのかは不透明とのこと。

次回は月曜に来院して、そこで新鮮胚の移植にするか、凍結後の移植にするかを先生と話し合って決めることになりました。

 

正直、7個も取れたのに1つだけかぁ・・・と思ってしまいました。

確かにひとつだけあれば充分なのですが、今後のことも考えるとできれば沢山受精して欲しかったなぁと、つい思ってしまいました。

 

旦那さんは「1つ受精したんだから良かったじゃない!」と明るく励ましてくれます。

確かに、最初の卵巣刺激のときなんて、2個しか卵胞が育たなかったのだから、7個も卵子が取れて、受精卵もできてほんとにすごいことですよね。

この1つの卵ちゃんの成長に期待するのみです!

いや、その他の卵ちゃんもスローペースで成長してくれていないかしら?と淡い期待を持ちつつ、次回の通院を待ち遠しく感じる週末です。

 

長文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

治療2週期目通院4回目 採卵スケジュール決定!

昨日、3回目の診察で卵胞も順調に育っていることが確認できたので、金曜に採卵をすることが正式に決まりました!

 

診察の後、看護師さんから詳しく説明をしていただき、HMG注射を打って帰宅しました。

 

そして夜にはHCGを打ち、あとは採卵を待つのみ。

痛いのかなぁ?うーん、今から緊張してきちゃいますね💦

 

無事にたくさんの卵子がとれますように!と願わずにいられません。

 

明日は朝早いため、今夜は病院近くのホテルに前入りです。

病院が遠いので少し大変ですが、頑張って来たいと思います!

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

治療2週期目通院日③ 卵胞育ってました♡

自己注射開始から8日目。

3日前の診察では卵胞の育ち具合がかんばしくなかったので、ドキドキの診察日でした。

 

結果は…

 

左右の 卵巣合わせて6個の卵胞が確認できました♪

卵胞の大きさにバラツキがあったので、もう少しHMG注射で育てて、明後日もう一度確認して金曜日に採卵をする予定でいきましょう、とのこと。

 

今回は採卵まで行けそうです!ドキドキだけど、うれしい!

 

 

どうかこのまま順調に育ってくれますように♡

 

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

治療2週期目 通院日②

自己注射を開始して5日目、卵胞の育ち具合を確認してもらいに病院へ。

 

世間はゴールデンウィークですが、病院は開いていて、ちょうどこの時期に周期が当たる私にはとてもありがたいです。

 

スタップの皆さんありがとうございます✨

 

さて、肝心のたまごちゃんですが。。

 

前回は最終的に育った卵胞が2つだったのですが、

今回は左右の卵巣あわせて5〜6個くらい。少し増えました🥚

でも大きさが不揃いで小さいのが多いみたいです💧

 

採卵へ向かうのかの決断は、週明けの診察に持ち越しになりました。

それまではせっせと注射と点鼻薬を続けていきたいと思います。

 

ゼロじゃなくてよかったよ、うん。

 

気分転換もかねて、帰省してる友達と久々のランチを楽しんでこようと思います🎶

 

 

治療2週期目スタート!

いよいよ2週期目の治療がスタートしました。

 

前回はアンタゴニスト法でしたが、今周期はショート法に変更になりました。

 

生まれてはじめての点鼻薬に悪戦苦闘しながらも、何とかできました(笑)

シュって勢い良くやるが難しい・・

練習します(笑)

 

注射薬は1日目だけ多めで種類の違うものを 接種して、以降3日間は前回と同じものを打つことに。

久しぶりの自己注射にちょっともたついてしまいました(汗)

それでもスケジュール感は分かるので、前回よりは少し余裕を持って治療に取り組めるかな。

 

今周期こそしっかり育ってね、たまごちゃん!!

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 体外受精へ
にほんブログ村

はじめの自己注射振り返り② 残念ながら採卵までは至らず…

お仕事がバタバタで久しぶりの更新になってしまいました・・・

振り返りをまとめておきます!

 

自己注射を開始して5日後の超音波検診で卵胞を確認していただきましたが、2個しか大きくなっていなかったとのことで、自己注射(HMG)の薬の量を追加することに。

 

私の年齢であれば1左右合わせて10個くらいは育ってもおかしくないとのことで、次回の検診で卵胞の数が4個以下であれば今週木の採卵は伽キャンセルして、もう一度体制を整えてチャレンジする方向になりました。

 

私の場合、子供の頃の虫垂炎が原因でお腹の中で癒着が起こり、卵管水腫となってしまったのですが、それに加えて右側の卵巣が子宮にくっついた状態になっていました。

さらに左側の卵巣は、癒着の膜?で完全に覆われていました。

膜は卵管の切除手術のときに取り除いてもらいましたが、やはりダメージを受けていて、卵巣の機能も弱くなっているのかもしれないとのことでした。

 

卵管を切除すれば、次の治療に進めば、赤ちゃんもきっとすぐに来てくれると考えていた私にとっては卵巣まで弱っていると言う現実はかなりショックでした。

 

そしてこの2日後再度の検診。

前回は左側の卵巣に2つだけだった卵胞が、右の卵巣にも2つ大きくなっているのが確認できました。

ただ、大きさがまだ未熟なこと、そして4個という数からこの周期は治療をキャンセルすることになりました。

 

「せっかく高い治療費をかけてやるんだから、ベストのタイミングでやりましょう」

 

という先生の言葉がとても嬉しかったです。

私がもう何回も体外受精を繰り返していて、卵胞がいつもこのくらいしか育たないのであれば、このまま治療を継続するけど、体外受精1回目で年齢もまだ頑張れるところだから、もう一度環境を整えてやってみようよと。

 

キャンセルと言う結果になってしまいましたが、前向きに決断できた結果でした。

そして何よりも先生への信頼がとても強くなり、心からこの先生と一緒に頑張っていこうと思える、初めての体外受精周期となりました。